【日本産】 [2009]750ml シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ-赤ワイン

背景画像

【日本産】 [2009]750ml シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ-赤ワイン

  • 緊急雇用創出基金事業(地域人づくり事業)

  • 2009年レオヴィル・ラス・カーズはかつてないほどの偉大なるグレートヴィンテージ。カベルネ・ソーヴィニョン76%、メルロー15%、カベルネ・フラン9%。伝説的なヴィンテージである1982年、1986年、1996年を彷彿させています。たっぷりの甘いタンニンを誇り、あふれんばかりの凝縮した果実味のワイン。これから40-50年間は熟成するでしょう。

    ワインアドヴォケイト:98+ポイント

    Wine Advocate Issue Date 23rd Dec 2011 Robert M. Parker, Jr. 98+
    The 2009 Leoville Las Cases may be the most open-knit and forward Las Cases I have tasted to date. Analytically, it is high in tannin and the alcohol is 13.8%, nearly a record at this estate. This blend of 76% Cabernet Sauvignon, 15% Merlot and the rest Cabernet Franc was showing brilliantly at the 2009 tasting I did in Hong Kong and at a later tasting. It boasts an inky/purple color, monumental concentration and lots of sweet, jammy black currant, black cherry and kirsch fruit intermixed with crushed rock and mineral notes. As always, proprietor Jean-Hubert Delon has built a massive wine with exceptional precision, unbelievable purity and aging potential of 40-50 years. I was surprised by the lusciousness of this cuvee on several occasions, and how much more forward it is given the fact that Las Cases can often be forebodingly backward and in need of 10-15 years of cellaring (at age 30, the 1982 is still a baby in terms of development!). The super-concentrated 2009 needs another 5-7 years before additional nuances emerge. This is a brilliant, full-throttle St.-Julien.

    ジェームスサックリン:99ポイント

    Publish Date: Saturday, March 3, 2012
    Amazing aromas of cep mushrooms, dark fruits and fresh flowers, follow through to a full body and super velvety tannins with a long long finish. Gorgeous structure to this. Sexy and almost decadent. Just like when I tasted it in Hong Kong. Try in 2019.

過去の記事一覧へ

【日本産】 [2009]750ml シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ-赤ワイン

Japan Data Vision Company Profile

日本データビジョン 企業情報

【日本産】 [2009]750ml シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ-赤ワイン

【日本産】 [2009]750ml シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ-赤ワイン

セミナー情報

お問合せ

採用情報

キャリア採用

トップに戻る